2008年05月25日

猫の不審な行動


          「ヒャッホー!!」なエル
nekosuna.jpg
「……???」なメロ










うちのトイレ番長であるエル。

幼い頃、酷い下痢に悩まされた時だって、一度の粗相もない。

砂掛けも猫一倍。

使用頻度も猫一倍。

ちなみに、うちの女子猫たちは、砂をかけない…粗相だって、0じゃない。





そんなエルの不思議な行動。
はじめて見た時は、言葉を失った…。





いつも通りに、砂掛けを必死でやっているのだと思っていた。

ザラザラザラザラザラ…ザッザッザ…ザ。

それにしても長過ぎる…。
もしかしたら砂が汚れていて、困っているのだろうか?



トイレを覗きに行った私の見たモノは…。



トイレの中で、目を輝かせながら…猫砂の中で泳ぐエル。


「…エッちゃん?」


全然、目が合わない…。


恍惚とした表情で、更なる“スイミング”が、繰り返される。


漆黒のエルが灰色と化し、私の気持ちはブルーと化し、猫トイレにスッポリハマり込むエルを引っ張り出した。


…それを3度繰り返したが、ヤメないので、私が引っ張り出すのをヤメた。


「ヒャホーーーーーー!!キャーーーー!!」


そんな嬌声が聞こえそうなほどに、エルは楽しんでいた。
実際は、無言だけれども。



一度なんて、トイレでスヤスヤと眠っていたりもした。






トイレ番長は、トイレの使い方も一味違う。









ニックネーム カルキ at 01:29| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

猫の体型

悩殺ポーズのエル(♂)
eruuf.jpg







誕生日に貰った“Wii Fit”

日々の運動不足を解消する為、ヨガや筋トレに勤しむ毎日。
二週間で2キロの体重減を目指す事にした。


が、不思議な事に…開始数日目で、目標設定“4キロ”の文字が…。


ホントは不思議でもなんでもなく、開始数日間の間に、私の体重が2キロ増加しただけである。


体重を減らす為の努力が、増加してしまう逆作用。


目標の二週間まであと数日…負けたくない、けど、勝てる気がしない。





そんな間違いだらけの私とは異なり、うちの猫達はすっかりスマートに。

エルは、黒猫のシャープさを取り戻し、メロだって顔が小さくなった。
…ニアは、相変わらずのふっくらサンではあるけれど。


久々に体重でも量ってみるとしよう。


エル…5キロ
メロ…4.2キロ
ニア…4.5キロ


え?


エル以外、みんな増加しているではないか。

エルも痩せたワケじゃない、キープしているだけ。




換毛期トリック。




猫のベスト体重って今ひとつ分かり難い。
獣医師に訊いた所では、体重よりも上から猫を見たシルエットで、肥満か痩せ過ぎかを見極めるとの事。

避妊や去勢を受ける生後8〜12ヶ月齢頃の体重を目安とし、その体重±10%の域を出なければ理想的。


ちなみに、この獣医師の家の猫さんの体重は、9キロだそうで(笑)


うちの猫は“標準”との太鼓判をもらっているが、この獣医師の基準は当てにならない事に、私は完全に気がついてしまっている。






ニックネーム カルキ at 02:18| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

叱られ猫

ニアの盛り合わせ
kago.jpg







最近、猫の夜暴れ(明け方暴れ)が、笑い事では済まされない域に達してきた。


ま、元々宵っ張りな我が家。
夜行性である猫と非常にマッチしているのだが…。

夜の9時から元気になるのは、アリだけど。
夜中の4時から元気になるってのは、ナシである。


朝の4時は、もう夜じゃない。


宵っ張りな我が家の平均就寝時間は夜中の3時。
家中の電気が消される頃…猫達は、目を爛々と輝かせ始めるのだ。


一階から二階へと、1猫がやたらに大きな音をたてダッシュ。
それを追う2猫。追われる1猫、階段を今度は駆け下りてくる…。



…速い、速すぎて見えないほどだ。



すっごいスピードの1猫を捕まえてみる。
なんだろう?この感覚、ドッヂボールを思い出したぞ。

ガッシ!!スルッ!ピョーーーーン!
…逃げられた、ウナギみたいだ。



階段下が収納になっている我が家。
しかし、そこには扉が無く、猫達は今度はそこを攻め始める。


カーーン!カーーン!!
何、その鐘の音?

明け方に聞きたい音で無し…そして、我が家は野中の一軒家でも無し…。




満を持して、私は最終兵器である低音ボイスを始動。


「誰だ、鐘を打ち鳴らしているは〜?」


「にゃ、にゃ、にゃ、にゃ、にゃ…」


面白いほどに、反省した風情の3猫、言い訳しながら飛び出してくる。





うちの猫達は、悪い事をしている事を理解しているようで、何かしらの悪事を企んでいる場合、人間から声をかけられただけで、謝ります。

口を小さめに開けたまま、目を閉じ、いつもより細かく高い声で鳴く。
虫など見つけた時に「カカカ」と鳴く感じに、「ニャニャニャ」と。


ニアなんて、相当な謝り上手である。

「私は世界で一番の愚か者でした」

そんな申し訳なさ満載でありながら…悪事を遂行する(笑)
エルなどは、怒られたらちゃんとその場を離れ、私へのお世辞に専念するのに。


メロも謝る事は謝るのだが…若干、他の猫達とは異なる。

「ったく、うっせーよ、分かってんだよ、黙れよ」





体罰はナシですが、私の低音ボイスはそれ以上の効果があるようで。

先代猫のチビなんて、私の低音ボイスを聞くと、道無き道を匍匐前進し、鼻が痒くて仕方が無いように、両手で鼻を洗っていた…。

猫は耳が良いので、私の低音ボイスに含まれる“何か”が、非常に苦手な様子。



私もイヤだな、あんな低音ボイスで、叱られるのは。
だって、もう少し頑張ったら共鳴したガラスにヒビが入りそうだもの。


ビリビリビリビリ。


オペラ歌手を目指すべきだった。



ニックネーム カルキ at 15:50| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

猫ごはん

モンプチプレシャス
monpuchi-precious.jpg
30gでメーカー希望小売価格138円 (税込)






猫グッズはもっぱら通販にて購入している我が家。
商品が手元に到着した後、驚く事も少なくない…。


見た目と違うという事ではなく、もっぱら私の想像力欠如における…デタラメな個数配分による事が多い。

安売りのパウチタイプのセット売り。
12P×2…この時点で、24個である、セットで言えば2だけれど。
セット売りを2種類、2セット注文するだけで、48パウチ…。

ベースとなる缶詰の4個セットを5種類、何も考えずにカートイン。

更に良さそうな缶詰を3個くらいずつカートにイン。
10種類も選べば30缶…簡単な算数。


はい、簡単です。これで98個のウェットフードが手に入ります。
100個はの壁は超えてません、が、著しく近いです。


しかし、驚く事にウェットフードの種類としては、17種類しかないのです。
日に、5種類くらいは開封する悪しき習慣の我が家では、たったの三日で一周してしまうという恐ろしい現状。打破したい現実。



なので、今回はデタラメな私の代わりに妹に選別を依頼。






到着した、段ボールを覗いて、つぶやく私。

…何なのこのおまけみたいな缶詰?

「MonPetit PRECIOUS」  “貴重な”とか“高価な”意味であるプレシャス




ちっさい、ちっさい、缶詰のおまけかと見紛うほどに小さきお姿。
3個入ったネットを高く掲げて、妹に問う。


「これ何?」


妹、半笑いにて「憶えてない…けど、安かったんじゃない?」




ネット接続……。


ホント、安いわ〜メーカー希望小売価格138円の所、118円。
普通の缶詰の容量の半分以下だけど、118円だもんね。
うん、うん、そっか、そっか。



食べれば良いんだけどね、食べれば。






良かったね、妹、今までで一番おいしいようだよ。
ちっさくて、割高でもおいしきゃ良いんだ。
味合うんだよ…この先、いつ食べれるか解らないのだから。






さすがプレシャス。

さすがグルメ猫。


ニックネーム カルキ at 03:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

猫の食事

“必殺”シリーズみたいなメロ
mwr.jpg





猫の食事に振り回される毎日です。

缶詰を1日に何個開けるのか…?
そして、何缶ゴミ箱に捨てるのか…?

恵まれない猫達になんと詫びて良いのか解りません。


色々なブログを拝見させて頂くと、大体決まった銘柄のカリカリを常食とし、みんな嬉しそうに食べているじゃないか。



思い返せば生後2ヶ月でうちに来た頃…。
なんでも良く食べてくれたなぁ。
身体に良いものを食べて欲しくて、ナチュラルフード系のカリカリと、子猫用のウェット。


はじめての病院で、看護士さんに「痩せてるね〜」と、言われて、不安になった私はその後の展開を考えず…猫達の体重を増やすべく、努力を重ねてしまったのだった。

少しでも食いつきが悪ければ次から次へ。
それを繰り返した結果が現在…。



ホントはカリカリを常食として、時々ウェットというのが理想。
しかし、メロが全然水を飲まない猫なので、ウェットをやめるワケにはいきません。
メロはカリカリを食べた後にも水を飲む事はしません。

あんまりに心配して、病院で尋ねた所、半ギレされました(笑)

「喉が渇いたら飲むから!!」


なんだ、その物言いは。
ウソを交えて言ってやった。

「いやっ飲まないっすよ!!24時間監視したけど、飲まないっす!!」

「ウェットフード食べてるなら大丈夫だから!!」

「あ、そうっすか、へぇ」



ま、上の獣医師はアレなんで、他の病院でも質問はしてますが、大体同じような答えが返ってきました。ウェット中心で、1日2回の排尿があるならば、心配しなくて平気と。


ま、若干疑ってはおりますが、おしっこの状態もチェックしつつ、今後の経過を見ていきたいと思います。

で、そのウェットの好みが日々変わるという困った状況に、悩まされいるワケです。



値段ではなく、種類ではなく、フィーリング?


本日、5缶開けましたが、食べたのは合わせて2缶くらい(3匹で)
ニア&エルは、カリカリ中心なんですが、ウェットもあげないと暴れます(笑)
メロはカリカリをおやつとして食べます。


何を食べたいか、言っておくれ、ヒントだけでも良いから。





ニックネーム カルキ at 03:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

猫の運動

“エル”のダンス
erujump.jpg







猫の運動不足はイケナイと、色々な書物にて書いてあるけど、過剰な運動もイケナイような気がする。



運動大好きな3猫に、催促されるままに、“ねこじゃらし”を振ってきた。


最近では「記録より記憶に残るジャンプ」を目指す3猫である。
ジャンプはより高く、ダッシュはより早く。


しかし、そんな過酷な訓練(?)中、ふと気付く…猫達の異常なほどの心拍数。

もう「バックバク」で、身体全体が心臓で出来ているかのようだ。



「休憩してください」




なので、あんまり過剰な運動は今後は控えようと、猫も私も寝そべりながらの運動ってのを開発した。


全員、寝そべる。
ねこじゃらす。
エル、寝そべりながらの移動にて、ねこじゃらしをヒット!!
メロ、何故か私の足にしがみつく。
届きそうで届かないねこじゃらしへの腹いせに私の足へヒット!!
「イッターーーーーーーーイ!!」私、悲鳴。
ニア、バカを見るような視線で、私を見つめる。



あんまり楽しくないので、ほどほどに寝そべらない方向で行く事を決意した。






ニックネーム カルキ at 23:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

猫の体型

妹の家に来たにゃんこは、まだ3ヶ月に満たない月齢のシンガプーラの男の子。


細い〜身体は、シンガプーラの特徴ではあるけれど、
ホントに儚いほどの身体で、ピョンピョン跳ねては、ヨロッと尻餅を付いたり。


それにしては、手足はしっかりとしているもんだ。
猫のソレでは無く、なんだか…カンガルー並みの屈強さを感じた。


猛烈にピョンピョン跳ねそう。
…いや、跳ねてたか、既に。


小さめの猫種らしいけど、足だけは立派になる気がしてならない。
そして、将来的には後ろ足で立つのではないだろうか。


見た目のシャープさからは想像出来ないほどに、
人間慣れ抜群なのは、まだ小さいからかしら。


大きくなったら…ビョーーン!!パーーーンチ!!
なんて、カンガルー並の攻撃を仕掛けて来るのだろうか。





翡翠色の瞳の美男子は、将来素敵なカンガルーへと。
…ならないか。




家に帰って、うちの猫達を触ったら…何故だかみんな揃って、
一回り大きくなったように感じた春の夜でした。


ホントに小さい。うちの猫の10分の1か。
…そろそろニアさん、ダイエットしようかねぇ。





ニックネーム カルキ at 18:32| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする