2010年01月08日

シマちゃん報告

38969609_2474166256.jpg







は!!!



あっという間に、年が明けてる〜(笑)



シマちゃんのその後をお伝えしなければ!!!







シマちゃん、念願の一人っ子で、良縁に恵まれました!!






友人である猫博士の努力とシマちゃんの強運のおかげで、


想像を遥かに上回る好条件のお宅にもらわれて行きました。






世界はまんざら捨てたもんでもない(笑)


そんな風に思えたシマちゃん物語でございます。






うちの近所で発見されたシマちゃんは、ガリガリのぺらぺらで、

道行く人々、誰彼構わず「すみませーーん、ご飯下さい」と、訴えかけていた。


人慣れ抜群なので、友人がネットで里親募集をかけた所、

遠方の方が是非飼いたいと!!

友人の猫博士、すぐにシマちゃんを保護。

しかし、その後…シマちゃんの猫嫌いが判明。





遠方の方とやり取りする中、猫博士はその方熱意を感じる事が出来ず、

遠方への譲渡に不安を感じはじめた。




すると、第二の里親希望者が!!



その方は近県なので、その後も見守れる!!と。




結局、その方も譲渡に関して、2転、3転…。
猫博士は不安を抱えながらもその方に委ねる事に。




その後…その方のお宅の先住猫くんが病気になり、

シマちゃん帰還。




猫博士は、その後も色々と前向きに里親を探す努力はしたけれど、

頭の片隅では「うちの猫になるのかな」と、思っていた。




しかし、運命の歯車は突然動き出す。




遠方に住んでいるので、そんなに会う事の無い友人との飲み会の席で、


猫博士は、近況報告としてシマちゃんの話をした。


すると、友人の一人がこんな事を言った。


「自分の行っているマッサージ院に高齢な猫が居たけど…まだ生きているかな?」




そっからは、トントン拍子。



その友人がシマちゃんの写真を携え、マッサージ院へ行ったのは、

そちらの悟飯ちゃんという高齢猫が亡くなって、わずか一週間の事だった。




そちらのお母さんが、悟飯ちゃんに聞いてみると、意味深な返事待ち。




悟飯ちゃんからの了承を得られ、シマちゃんは夢ちゃんとなった。





たくさん部屋があり、マッサージ付き、素敵な人間のお兄さん二人(シマちゃんん若者好きらしい)



そちらのマッサージ院で、看板猫として可愛がられているそうです。



本当に良かった。







しかし、夢ちゃん…若者には愛想が良いそうだね。


ふふふ、だから私にも愛想が良かったのか(笑)










長らく、心の度に出ていましたが、そろそろうちの3猫の記事も書いて行きます!


みんな元気です。ご心配なく。




ニックネーム カルキ at 14:16| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする